日本人オーナー経営ホテルでカンボジア国内のカジノを体験

 

カンボジアのイメージというとアンコールワットのような歴史遺産や内戦が続いていた国という情報が出てくる方が多いと思いますが、実は知る人ぞ知るカジノ盛況国であることをご存知でしょうか。大小様々ではありますが、外国人向けの施設が60近く存在しており、カジノによる税収入も好調であるニュースが世界的に流れています。
オンラインカジノ最新情報見ていない方はこちら
今注目のMGMコタイカジノホテルを紹介します!

施設の多くはカンボジアの隣国であるタイやベトナムとの国境付近にありますが、中でもベトナムとの国境側であるバベット地区にあるタイタンキングカジノホテルは日本人が楽しみやすいカンボジアのホテルとして人気があります。タイタンキングは日本人オーナーが経営しており、日本語対応が充実していたり、日本人のみに向けた優遇サービスが用意されていることが大きな特徴です。

ポーカーやブラックジャックといった定番のテーブルゲームから、カンボジアらしいドラゴンタイガーというゲームまでカジノの雰囲気を十分楽しむことができるラインナップであるとともに、日本人にはおなじみのパチンコ台やスロットゲームも設置されています。
英語が話せなくても日本語で対応してくれるスタッフが充実していること、馴染みのゲームもあるので初心者でも比較的低いハードルで賭けを楽しむことができます。