カンボジアのカジノではブラックジャックが盛んです

カンボジアでは、プノンペンやバベット、ポイペト、シアヌークビルなどでカジノが運営されています。ドレスコードが事実上ありませんので、服装のことを気にしなくて済むのは楽なものです。Tシャツや短パン、サンダルで入場しても全く支障はありません。気をつけなければならないのは、帽子のことです。会場内で帽子を被っていると注意を受けることになります。

会場内での写真撮影は基本的には禁じられています。犯罪防止とプライバシー保護のためですので、場内では写真を撮らないようにしなければなりません。さらにスマートフォンを会場内でいじっていると係員から注意を受けます。持ち込みそのものは禁止ではありませんので、ポケットに入れたままにしておくのが大事です。
ネットカジノブログの最新記事はこちら→セブカジノホテルランキング&その比較と評判を集めました!

カンボジアのカジノではブラックジャックが人気があります。ブラックジャックのようにディーラーがいるゲームでは、最低掛け金の額も幅の広がりがあって、10ドルぐらいで遊べるものから100ドル以上を賭けなければならないものもあるのです。

そしてディーラーのいるゲームの場合、ほかのお客さんも一同じテーブルでプレイをしますので、ルールを正確にしっかりと覚えておかないと他のお客さんに迷惑をかけてしまいます。ディーラーがいるゲームに参加する場合は、事前にルールを頭に叩き込んでおくのがマナーです。