カンボジアのカジノの気になる相場

一般的にあまり知られていませんが、カンボジアは世界有数のカジノ大国です。近年、観光産業として特に力を入れていて国を挙げて盛り上げています。興味がある人は、そのくらいの知識はあるかもしれません。ただ、特徴や相場といった詳しい内容を知っているのは一握りの人たちぐらいです。カンボジアのカジノでは、さまざまな種類のゲームで遊ぶことができます。ほとんどの場所で、バカラやルーレット、ブラックジャックなど一般的なものが利用できます。全体的に、他国と遜色ないほどサービスが洗練されているので安心です。

カンボジアには、カジノができる代表的な地域が3つあります。そこで、どのくらいの予算が必要になるかという観点でそれぞれを紹介します。目安となるミニマムベットの相場から一つ一つを見ていきます。まずは、タイとの国境付近に位置するポイペトです。ポイペトの魅力といえるのがその安さです。一番安いゲームのミニマムベットは、日本円にしておよそ300円ほどと非常にリーズナブルなのが特徴です。

そして次に挙げるのが、ベトナムとの国境近くにあるバベットという地域です。ミニマムベットの相場は、大体500円程度からとなっています。ポイペトと比較すると多少高くなりますが、それでもお得です。最後がカンボジアの首都プノンペンです。こちらのミニマムベットは、安いもので1000円からとなっています。プノンペンが一番高いですが、それでもカジノの本場ラスベガスやマカオに比べれば、圧倒的に安いといえるでしょう。この相場を目安にすることで、具体的な予算が組めるはずです。