カンボジアがカジノに積極的なのには事情があります

カンボジアでカジノが設置されているということは、世間一般ではあまり知られていません。信じがたい話かもしれませんが、カンボジアにあるカジノ施設の軒数は平均的日本人の想像をはるかに超えるものがあるのです。なんとマカオやラスベガスに次ぐほどだとされております。シンガポールや韓国よりもたくさんの軒数があると言いますから相当なものだと見るべきでしょう。約30軒あってそれぞれに顧客がついているのです。最も集中しているのが、タイと国境を接しているバンテアイミエンチェイ州の町のポイペトです。実に多くの施設があって、プレイに興じる顧客でにぎわっています。

ラスベガスやマカオに比べた場合、カジノの規模は大きくはありませんが、ポーカーやブラックジャック、バカラ、ルーレット、スロットマシーンなどの一般的なゲームをプレイすることができるのです。同国がこれほどまでにカジノに熱心なのは、重要な外貨獲得手段であるから、という事情があります。諸外国と比較した場合、マナーやルールの点ではあまり厳しさがありませんので、気軽に楽しめるところが人気の一因です。ドレスコードはありませんので、Tシャツや短パンで入場しても問題はありません。ただ帽子をかぶったままでのプレイは注意を受けることとなります。
カンボジアカジノホテル最新記事はこちらで確認!→これが今人気のカンボジアカジノホテルのランキングだ!比較・評判も紹介